kurobird’s diary

僕の頭を垂れ流す。

人の心の強弱についての持論

将来的にひっくり返すとか補正とか何かするかもしれないけど。 何らかの心理的負担が降りかかってきた時、それにどう対処するかで人間的に強い人、弱い人という風に大別できるように思う。つまり、「心理的負担に対する丈夫さ」が「人間的な強さ」とほぼ直結…

極端な完璧主義からの脱却

ピアノを弾いていると、自分が如何に完璧主義者なのかがわかる。少しのミスも許されない。とても細かい失敗でも一個でも発生したなら、もうその演奏には価値がなくなってしまう。さながら綱渡りでもしているようで、常に緊張しながら弾いている曲が多い。 自…

禁止ではない別の言い方

ピアノを弾く時に顕著なのだが、失敗を恐れて焦ったり緊張したりすると余計に弾けなくなる。なので、焦らないようにするのが肝心なのだが、神経質な僕にとって自分に「焦るな」という禁止令を出すのは「焦ってはダメだ」という風に気にし始めて、それができ…

ラインを消した

長らく我がiPhoneに入っていたラインを昨日消した。 どうせ大して重要なこととかないし、あんまり返信するような会話とかないし。何ならうっとおしい奴とかいるし。 大体、消したら何かまずいことでもあるというのか。いや何もないだろう。 という訳で、僕は…

故郷がない寂しさ

僕は転勤族で、小さい頃から日本の西側を転々としていた。とは言え、小学6年生に上がる前に今いる場所に引っ越して以来、僕自身はずっとそこにいる。父は単身赴任してさらに色々な場所を巡る事になったけど。 でも、引っ越しする事がなくなったからと言って…

ある人とはもう二度と会わない不思議

一度別れたら最後、もう二度と会わないだろうなという人達が人生で何人もいる。寧ろ、別れた後も会う事があるような人達の方が少ないだろう。別に能動的に会いに行けばその限りじゃないだろうけど、そうする理由は大抵の場合ない。 何だか不思議だ。世界は狭…

孤独という休憩所

他人と関わりすぎて、なんだか嫌になったり疲れたりしたら、部屋で一人、孤独になるのが良い。この時、SNSとか、メール、ラインとか、そういう他人との繋がりを全て遠ざける。例えば、スマホとかPCから物理的に離れるのが有効である。そして、頭の中から他人…

過去の自分の消滅

最近、卒業が近くなってきたのでメルカリで今まで買った教科書を売っている。 本棚を埋め尽くすくらいあるのだが、次の引越し先ではものを減らさないといけないので仕方なくやっている。 売れ行きはまぁまぁ好調である。 ちなみに売上金は卒業旅行のための資…

他人と自分

人と話すのは楽しい。 ここ数年で会話も以前よりうまくなった気がする。 人と関わる時間もかなり増えた。 それ故に、他人といるのが疲れる時も多くなった。 これは、もしかしたら他人との関わり方に転換を施すべきというサインなのかもしれない。 孤独はもち…

頭に平穏を

楽しい場面もある一方で、激しい怒りを心に抱く場面も多々ある。 なんだかもう疲れてしまった。 些細な事も多いけど、塵も積もれば山となるというか、重なればしんどい。 けど、何がつらいのかはっきりしない。 しいて言えば怒りを抱く事が多いのがつらいの…

15時

ちょうど15時をすぎた頃。 一仕事を終えてふうっと休憩を入れる。 コーヒーでも飲もうか。 いや紅茶にしようかな。 最近、ラプサンスーチョンという燻製のような香りの強い紅茶が手に入った。 僕はこれがお気に入りで、数ヶ月前から注文していたのだが、届い…

霧の世界

午前6時40分。 高い建物の最上階にいる。 街は濃い霧に包まれている。 朝の空気が冷たい。

冬になった

秋をすっ飛ばして。 今年も残す所三週間弱となった。 ここ数日は一段と寒くなり、初雪の到来も近いだろう。 最近はピアノを熱心に練習している。 特にエリーゼのためにの前半部分を重点的に練習しているのだが、中々全体をノーミスで弾けるようにならない。 …

夏が来た

今年の夏は例年より明らかに暑いらしく、データもそれを実証しているという話をよく聞く。 ツイッターで日本の気温が40度を超えていることを報じている海外のメディアも見かけた。割と話題になっているのかもしれない。 僕は僕で暑さ、というか日差しにや…

夏が近づいてきている

しばらく東京に出て就活をしていたが、いまいち上手くいかないまま5月の中旬を迎えてしまった。 さすがに東京行くのも疲れたので、ここからしばらくは地元に切り替えようと思う。 さて、最近暑い日が続いている。 まだ6月にもなってないのに、空はまるで夏…

今日も疲れた。

朝起きてパン食べて。 洗濯物が溜まってきていたので洗濯機回す。 とても晴れた朝だった。 洗濯が終わるまで、祖母からの手紙の返事の内容を考えていた。 雪国に住む祖母。 道路が凍っているらしい。 一方こちらは暖かくなってきていて、今日なんて春みたい…

コーヒー

Odai「コーヒー」 毎日毎日、研究室でコーヒーを飲んでいるうちにすっかりコーヒーなくしてはシャキッとしない身体になってしまった。 コーヒーを飲んでいる人は何故コーヒーを飲むのか。 僕の場合、単純に飲みたいから。 一日一回は必ずコーヒーを身体が欲…

カセットガスヒーター

Odai「あったかグッズ」 以前からガスヒーターの類は欲しいと思っていた。 エアコンとかホットカーペットでも暖まる事は可能だが、それは後々に効いてくるものであって、 付けた瞬間に、しかも手や足とかを局所的に暖める事はできない。 その点、ガスヒータ…

ハイボール

ハイボール。 それは疲れた夜に癒やしを与える、麦色の魔法。 グラスに氷を入れ、ウイスキーを流す。 炭酸水で好きなように割って、レモン汁を数滴垂らす。 はい完成。 たったこれだけの工程で、夜をおしゃれに飾れるのだ。 一見シャンパンにも見える。 さて…

Odai「冬の朝」 この瞬間午前7時。太陽が山から少しずつ顔を出してきた。 美しい朝焼けの時間帯である。 冬の朝の寒さは、寒いというよりは冷たいと言った方がしっくりくる。 多分、空気が湿っているからだと思う。 その中を歩いたりしてると、海をゆっくり…

博士と彼女のセオリー

Odai「最近見た映画」 最近観たのは博士と彼女のセオリー。 車いすの天才物理学者と言われるスティーブン・ホーキングと元妻の恋愛物語を映画にしたもの。 最初はあまり期待してなかったけど、まぁ有名な物理学者だし見てみるかという事でTSUTAYAで借りた。 …

一人暮らしの面倒臭さ

一人暮らしを始めて約9ヶ月が経った。ここでは一人暮らしについて僕が思った事を書く。 一人暮らしに関して僕が持っていたイメージは、「自由」だった。いつ起きても、何を食べても、日中何をしてても、そして何時に寝ても誰からも怒られない。風呂だって面…

ちょっとした贅沢

Odai「ちょっとした贅沢」 ずばり、珈琲である。 スタバやタリーズに行ってうまい珈琲を飲む。まさにちょっとした贅沢。 普段は缶コーヒーしか飲まないが、土日なんかは少しお高い珈琲を飲む。 なにせ金持ちとはいえない学生だから、毎日タリーズにいくわけ…

読書の必要性

読書の必要性。なぜ読書が必要か。 その一番の理由は、思考力を身に付けることであろう。 変化の激しい現代社会において、思考力がなければ時代の波にのまれてしまう。 それを防ぐのが読書である。 なぜ読書で思考力が高まるか。 思考力は自分の持つ語彙数に…

科学とは何か

自分が物理学科だからか、物理学を用いてなら説明できる気がする。 例えば、誰かが独自の理論を構築したとする。 その理論は、既知の現象を説明できるとともに、新しい現象を予言する能力を持っていなければならない。 つまり、再現性と予言性の両方を兼ね備…

ひとりを満喫する

お題「ひとりの時間の過ごし方」 土曜日は大学にいかずに家に一人でいる。 雨の日はじっとしているが、晴れだとどうしようもなく外に出たくなる。 でも、友達と遊ぶようなことはしない。 基本的に一人での行動を好む。 一人のほうが自由だし、集団だと、毎回…

理解とはなにか

物理学科というバリバリの理系にいながら、僕は暗記や鵜呑みに頼ることが多かった。 何より悪いのは、本を読みながら、実は理解してるのではなく単なる暗記になっていたことに、僕自身が気づいていなかったことだ。 なんとも馬鹿すぎる話である。 気づいたき…

もうわからない

昼寝したら、激しく自己嫌悪してたような心境が消え去った。 今は落ち着いている。 もう、自分が分からない。 頭悪いからどうするべきなのかも分からない。 誰か、ズバッと答えを教えてよ。 自分じゃ全然分からないからさ。

不快な妄想

さっきから集中できない。 単調な計算問題だと、不快で陰湿な妄想をするようになる。 起こってもいないことを、ただひたすらに妄想するようになる。 どうせなら、楽しいやつにすればいいのに。 きっと僕は物理が嫌いなんだけど、無理してやってるから嫌にな…

他人への従属

自分がない。 自分が分からない。見失ってる。 だから、他人から影響を受けやすい。 他人の人格をすぐ自分に取り込もうとする。 自分がその人であるかのように振る舞う。 僕の本来の人格が分からない。 もう随分長いことこういう状態だ。 最早、僕の人格なん…