kurobird’s diary

僕としてリアルな思考を垂れ流す。

ひとりを満喫する

お題「ひとりの時間の過ごし方」

 

土曜日は大学にいかずに家に一人でいる。

 

雨の日はじっとしているが、晴れだとどうしようもなく外に出たくなる。

 

でも、友達と遊ぶようなことはしない。

 

基本的に一人での行動を好む。

 

一人のほうが自由だし、集団だと、毎回のごとく、気が付いたら自分だけ孤立しているという状況になる。かなしー。

 

まぁ、寂しくはないけどね。

 

ひとりで、漫画や小説といった本を買いに行ったり、CDやDVDを借りに行ったり、あるいは写真を撮りにふらついたりする。

 

家に帰ったら買った漫画を読んだり、写真を見返したり、あとはピアノを弾いたりする。

 

そうこうしているうちに夕飯の時間になったりするので、コンビニやスーパーへGO。

 

休みの日はこんな感じだし、平日も一人でひたすら研究室に篭っている。

 

基本的に僕は集団の中にいることはない。

 

多分、基本的に人に囲まれているが、たまに一人の時間が欲しくなる人っていると思うけど、僕は常に一人がいい。

 

たまに集団の中にいたくなることもない。

 

気付かれしちゃう。人が怖いし、神経症も患ってるし。

 

要は内向的で神経質な人間は、ひとりを好むし、勝手にひとりの時間の過ごし方を知ってるものなのだ。