kurobird’s diary

僕としてリアルな思考を垂れ流す。

カセットガスヒーター

Odai「あったかグッズ」

 

以前からガスヒーターの類は欲しいと思っていた。

エアコンとかホットカーペットでも暖まる事は可能だが、それは後々に効いてくるものであって、

付けた瞬間に、しかも手や足とかを局所的に暖める事はできない。

その点、ガスヒーターは活躍する。

ある程度大きい物なら、つけ続けてれば部屋もすぐに暖まる。

 

しかしガスヒーターの欠点といえば燃料が少し面倒くさいという所だ。

ガス栓に直結させるタイプのものは問題ないが、一人暮らし向けの部屋にはそもそもないし、

台所のガス栓もコンロに占領されている。

灯油を燃料にするものは、そもそも買いに行くのにかなり手間がかかるし、

なくなったらその度にタンクに入れなければならない。

 

親と暮らしていた時は灯油のヒーターだった。

冬場はずっと付けているため、割とタンクの中の灯油はすぐになくなる。

その時は、寒い中ベランダに出て、ポリタンクの中の燃料をタンクに電動ポンプで

移すという作業をしばしばやったものだった。

 

なんていう思い出話はここまでにして、とにかく一人暮らしの今、面倒でないガスヒーター

とは何か、それはカセットガスヒーターだ。

 

カセットガスコンロに挿すガスボンベを燃料とするヒーターで、

これなら燃料も手軽に入手できる。

屋内向けとアウトドア向けの二種類があり、もちろん僕は部屋で使うので屋内向けを買った。

5000円という値段だったが、アマゾンで比較する限りピンからキリの真ん中より少し上

くらいだと思う。

 

ヒーターとしてはかなり小さい部類なので、これ一つで部屋を暖めるのは少し無理があるが、

手をかざせば普通のガスヒーターくらいには暖かい。

一番火力を強くした場合、満タンのガスボンベをセットしてからの連続使用時間は

およそ3〜4時間くらいだろうか。

ちなみにこのガスボンベは専用のものを買う必要がある。

具体的にはニチネンのマイボンベというやつだ。

これもアマゾンで12本セットがそう高くない値段で売っているので、まぁ良いでしょう。

 

ただし、ひとつ注意しないといけないのは、-----ガスヒーター一般にある注意だが-----

燃焼による一酸化炭素の増加だろう。

一時間に一回、一分程度換気してくださいという注意書きのシールが本体にある。

僕が買ったものにはスリープタイマーなどの機能はない。

僕は如何せん狭い部屋で使ってるので特に注意している。

 

今思ったが、そういえば世の中には電気ヒーターというものもあったな。

あれとカセットガスヒーターのどっちが結果的にコスパが良いのかはわからないが、

まぁ個人的にはガスヒーターのほうが好きで、なんか電気ヒーターって手をかざすと顔ごと

熱してくるからあんまり好きじゃなかった。

 

あと、もちろん点火時の匂いは発生するけど、僕は気分が悪くなったりしないので問題ない。

まぁそもそもガスヒーターがあっても特に困ったことが起こらない、という人なら

カセットガスヒーターでも大丈夫だろう。