kurobird’s diary

僕としてリアルな思考を垂れ流す。

コーヒー

Odai「コーヒー」

 

毎日毎日、研究室でコーヒーを飲んでいるうちにすっかりコーヒーなくしてはシャキッとしない身体になってしまった。

 

コーヒーを飲んでいる人は何故コーヒーを飲むのか。

 

僕の場合、単純に飲みたいから。

 

一日一回は必ずコーヒーを身体が欲するのだ。

 

しかし、ひとつ疑問が生じる。

 

それはたくさん飲んでいくうちにそうなったのであって、最初からコーヒーを欲する身体ではなかった。

 

では最初はどうだったのだろう。

 

いつから僕はコーヒーを飲んでいたっけ。

 

高校の時には飲んでいたような気がする。

 

そう考えると、もう10年以上飲み続けているのか。

 

そりゃ依存も生まれるわ。

 

それは置いといて、何故僕はコーヒーを飲んだのだろう。

 

多分、カッコつけと好奇心だろうか。

 

別に当時も今もコーヒー飲んでる俺かっけええええなんて思ってないけども。

 

タバコにしろコーヒーにしろ酒にしろ、嗜好品は味わうものだし。

 

まぁ今となってははっきりとした事は思い出せないし、コーヒーは美味い。

 

さて淹れるか。