kurobird’s diary

僕としてリアルな思考を垂れ流す。

頭に平穏を

楽しい場面もある一方で、激しい怒りを心に抱く場面も多々ある。

 

なんだかもう疲れてしまった。

 

些細な事も多いけど、塵も積もれば山となるというか、重なればしんどい。

 

けど、何がつらいのかはっきりしない。

 

しいて言えば怒りを抱く事が多いのがつらいのだろうか。

 

実際に他人と会っている時だけでなく、一人の時も頭の中で記憶が反芻されて、ねっとりした怒りが湧き、歪み、荒れ、疲れるなんて事もよくある。

 

それらの多くは他人が関わる。自己嫌悪は比較的少ない。ないわけじゃないけど。

 

平穏が欲しい。

 

頭に穏やかな静寂が欲しい。

 

それは例えば静かな喫茶店

 

例えば木漏れ日に包まれた昼寝。

 

孤独は寂しいけど、今の僕には他人と関わりすぎるのも毒なのかもしれない。